ご利用ガイド【仕事を提案する】

タックスラビットでは「コンペ方式」と「プロジェクト方式」という2種類の仕事の方式があります。

「コンペ方式」は名前の通り、コンペのように、依頼に対して直接仕事を実行します。
確定申告書作成を依頼したら、ラビットは依頼に基づいて確定申告書を作成してくれます。
ラビットは気になる仕事を見つけたら、仕事詳細ページの【この仕事を受ける】ボタンを押して提案します。
後はクライアントから自分が選ばれるのを待ちましょう。

「プロジェクト方式」は、まずは仕事依頼をして、私ならこうやります!という見積りを提案します。
その見積り(納期や予算など)や評価・実績などからクライアントが発注を行い、プロジェクトが開始されます。

仕事の種類によって、コンペ方式が向いていたり、プロジェクト方式のほうが向いていたり最適な方式を選びましょう。

コンペ方式に向いているのは?


コンペ方式は確定申告書作成や、法定調書作成などの一つの作業で完結する仕事に向いています。
クライアントが募集した依頼に対して、ラビットは確定申告書作成の依頼なら当該募集ページから応募をします。
クライアントは提案されたラビットの中から気にいったラビットを選べばそこで決算処理が行われ、あなたが選んだラビットに報酬が支払われます。


プロジェクト方式に向いているのは?


プロジェクト方式は記帳代行や、給与計算などの毎月実行する必要のある仕事に向いています。
クライアントが募集した依頼に対して、ラビットは自分の経験や予算を提案します。
自分がいくらの見積もりを提示したのかは他のラビットには閲覧できません。
クライアントはその提案の中から選んでラビットを決定します。
決定後プロジェクトが開始されます。