NYの地下鉄の乗り方


NYの地下鉄の乗り方ですが、上記にあるような黄色と青のメトロカードを券売機で購入して、都度チャージするか、定期を購入するか、一回限りのチケットを買うか選択できます。
購入は券売機で【start】で始め、言語を選択します。
言語には【English】【Espanol】【Ha pycckoM…】【中文】の4種類があります。

こういった選択言語にあまり日本語がないのが残念です。
分かる言語を選択します。
(今回はEnglish)
DSC_0025

次にメトロカードのタイプを選択します。
【Fast $9】【MetroCard】【SingleRide】の3種類です。
DSC_0026

【Fast $9】
$9が入ったカードを購入します。
これも補充用カードなので、$1のカードfeeを支払います。

【MetroCard】
定期を購入するか、自分で補充していくカードを購入(何ドル入金するか自分で選択)するか、補充する場合に選択します。

【SingleRide】
一回券です。
地下鉄から地下鉄への乗り換えは改札を出ないかぎりできます。
ただし、切符を購入してから2時間以内に利用しなければ切符は無効になりますので注意してください。

【Fast $9】及び【SingleRide】を選択すれば後は支払いをするだけです。
支払方法は【Cash】【ATM Card】【Credit Card】があります。
【ATM Card】は使ったことないので分かりませんがたぶんクレジットと同じだと思います。

【Credit Card】が一番多い支払方法だと思いますが、【Credit Card】で支払うときに【ZIP CODE】を入力するよう要求されます。
初めて購入したときは【ZIP CODE】って何だと思いましたが、単なる郵便番号です。
分からなければ適当で大丈夫です。
5桁の番号を入力すれば問題ないと思います。
私はいつも【11215】と入力してました。
NYは1から始まるっぽいので99999と入力しても通るかどうか試してないので分かりません。
クレジットは下記画像の部分にさっと通します。
DSC_0033

【MetroCard】を選択すると【Refill your card】【Get Card info】【Get New Card】の選択が出てきます。
DSC_0029

【Refill your card】
カードに追加入金する場合に選択
DSC_0036
【Add Value】と【Add Time】があります。
追加入金する場合は【Add Value】時間で購入する場合(7日間乗り放題等)は【Add Time】です。
【Add Value】にするとこんな画面が出てきます。
DSC_0037
自分の入金したい金額を選択して後は支払いです。

【Get Card info】
自分のカードにどれだけ残高があるのかを表示
DSC_0032

【Get New Card】
新しくカードを購入する場合に選択
【Regular】と【Unlimited】がありますが、【Regular】は追加入金していくようのカードで、【Unlimited】は定期券です。
DSC_0031

追加入金する場合やカード情報をみる場合は下記画面が出てきますので自分のカードを投入します。
DSC_0030
投入場所はここ
DSC_0034

これでカードを購入できれば、写真のようにスワイプして入場します。
スワイプは手前から奥にかけて行います。

metrocard+swipe

このシステムが2019年を目途にNYの地下鉄からメトロカードシステムが消え去り、日本のようなシステムに変更しようという話が出てるらしいです。

こういったメトロカードをクレジットカードとかスマートフォンといったデバイスに変更するのは非常にいいことだと思います。
いっそ日本の技術を提供して同じカードでお互いの交通機関に乗車できるようにすれば旅行者にとっても利便性が高まります。

会計的にはものすごく面倒だと思いますが・・・・。

ワシントンではプラスチック型のカードをタッチするシステムらしいですが行ったことないので分かりません。
どんなのでしょう。

日本みたいなシステムかな。